今日も暖かい日でした~☀

森のひろばの子が遊びに来て、声掛けると照れながら笑う。うれしい一日の始まり(^-^)

先日きゃらで出会った母ちゃんと女の子も遊びに。うれしい-☆ きゃらでも楽しんだ泥粘土遊び、カップやスコップを手にしだす。母ちゃんもさっそく、こねこね。

竹水路に水を出すと、遊びに来ていた兄弟も加わる。ベビーバスに入り、足もお尻も泥んこになって楽しんでる。

 

でかいシートを洗う。草刈りしたての芝生の上に干すと土が付くかなぁ~と思ってると、Kいちさんがロープを張ろうかと声を掛けてくれた。やったあー!

でかいし、重たいからロープが下がってこないかな?と思いながらシートを引っかける。上げてもらう。 !!!  全然大丈夫!すごーっ!!

どうやって結ぶの?とまじまじと見る。 途中で裏返して、夕方には乾くんじゃない~と。(T∇T)

 

昨日のシェアハウス、今日は『かしだし屋』になってる。「さしだし屋」と言ってる子もいる  笑

プレーパークのいろんな物が模様替えしたかのように、かしだし屋の前に横に並び、置かれてる。貸し出し表!?もある。

 

看板もたくさん立ってる。

「!ふしきや まじっく けんだま! みてね→」 ??? 聞くと、Kいちさんの服に子どもらが貼り紙を貼り、子どもらに貼り返すと、Kいちさんの前に看板が立ったらしい。

けんだま名人のKいちさんのけんだまが、見られるよという看板とのこと。笑笑  けんだまで遊んでたら、SHOW開演になってたということか!?なるほど!

 

かしだし屋の所で工作する子が増えてく。

天白公園近くの木材を扱ってる方から、いつも木材を頂いています。とてもありがたい。子どもたちの遊びはいろんな方々に支えられています。

やってみたいことが思い付くのも、実現できるのも、こうやって目の前に材料があるからこそイメージが浮かびやすく形に出来る。

「柔らかくて工作にいい木があるよ」とプレーパークまで声を掛けに来て下さいました。ほんとうれしい。

その木の幅、長さを見てか、ビー玉ころころを作りたいと男の子。釘を打ち始めました。前に作るのが流行った時、よく見てたもんなあー(^-^)

ビー玉を何度も転がして、どこから転げ落ちてしまうかを見て、釘を足してる。

他の子が見ていて「上からやってみたい」と言うと、ん‥‥と考えた後で「一回ならいいよ」と  笑

ビー玉が止まってしまうとこは、かなづちで間を広げ調節。

「ねぇ!出来たよ!!  下までゴールしたよっ」とうれしそうにやって見せてくれました。

 

かしだし屋の後ろには絵が貼られ、ギャラリーのよう。

久しぶりに来た年長児の男の子は、やりたいことがあるのか、忙しそうにあっちにこっちにと走ってる。笑

水遊びにべっこう飴。ホースを振って歓声をあげてる子、父ちゃんも笑ってる。 おたまがピカピカになるほど棒でこすって食べてる子もいる。

高校生と大人がまったりおしゃべり。

 

シート、ほんとに夕方乾いてたー! どうやってシートをおろす~?と母ちゃんたちと、バタバタわたわた💦しながらおろす。楽しい。 子どもたちはシートの中へ潜ろうとする  あるある  笑

母ちゃんたちと一緒にたたむ。片付けもみんなで。こういう一つひとつのことを一緒にする時がほんと楽しいし、うれしい。

いい一日の終わり(^-^)☆