今日から開園です☺️ 蒸し暑い日でした〜🌦️

公園には誰〜もいない😲 遊びに来た女の子と母ちゃんが水遊びしていると、よく遊びに来ている小学生男子が走ってやって来る。リュックから釣り竿を出して伸ばし、糸を手慣れた手つきで結びながら、最近釣った魚の話を聞かせてくれた。

魚のことに詳しい。「○○は、肺呼吸だから顔を出すんだよ」 ルアーは派手な色が多いけど、どうして?魚が気づいて逃げないの?「魚はキラキラに反応するからね。でもナマズを釣る時は目立たない色の方がいい。」 「□□の顔はどんなか知ってる?」と言って、黒板を持って来て描き始める。魚の口から。

魚の名前もどんどん出てくる。聞いてて おもろい🎣 女の子も興味津々で彼の様子を見ている。

 

「行ってくる〜!」と言ってバケツも持ってザリガニ池へ。少しすると重そうなバケツを揺らしながら戻ってきた。「見る?モツゴだよ」バケツの中を元気に泳いでる。

大きな容器に魚を移して、隠れられるように草を入れる。一緒に眺める女の子。

 

一匹が弱るのを見て、酸素が足らないと言って、小屋から網を持って来てバケツに蓋のようにかぶせ、ホースを当てる。泡ぶくが出来る。

水鉄砲の水を入れに来た父ちゃんと男の子二人、魚をまじまじと見る。父ちゃんが、「(酸欠にならないように)コップの水を高いとこから落とすのもいいですよ、蓮の葉を浮かべたりもね」って。ナルホド〜☆

 

今度は下に水場を作って魚を入れる。釣りをするんだって。笑

 

通路に溜まった土をすくって上げているとミミズが3匹出てきた。ミミズがおったよ〜と言うと、「えっどこ?あっ!これでザリガニ釣ってこよ!!」 止まらない 笑笑

 

獲ったザリガニを容器に入れ、弱った魚でザリガニ釣り。ザリガニは元気な方を狙ってる。

 

ザリガニを水路のくぼみに入れて、おなかが空いた彼は遊びに来た男の子と母ちゃんとべっこう飴作り。 でっかい飴を食べた後、男の子を誘ってザリガニ池に向かった。まだまだ続きそうな勢い。

「明日もプレパやってる?」やってるよ〜 また明日☆