日差しと風が強い日でした☀

「暑いねー」「思ったより暑いー」ということで浅いプール出して水遊び💦笑

入ってる子を見て、服を脱ぎながら母ちゃんに視線を送る子も 笑

カップにバケツ、どんぐりにホースと持って夢中〜☆

 

水遊びはこちらでも。泥んこも☆

 

昨日の雨で、どんぐりがいっぱい落ちてる。拾って滑り台で転がす〜 缶かんも滑ってくる〜! パチンパチンと次から次に上から落ちてくる。 当たったら めっちゃ痛そう〜 このどんぐりも直に落ちるかな〜☆

 

 

〜森のひろば〜 取り合いをしてる子どもたち。「順番」「仲良く」「いっぱい使ったから、もう貸してあげたら?」「貸してー は?」「ありがとうー は?」と母ちゃんたち声掛ける。どこの場でも見かける光景。

それは母ちゃんたちの気持ち。相手を気遣っての言葉だったり、また、うちの子取ってるー…だったりね。でもそれは子どもたちの気持ちではない。

欲しい、使いたい、やってみたい、自分の! おもしろそうに見えたら、そりゃ欲しくなる。 取られて泣いたり、欲しくて声上げたり、 引っ張ったり そしてまた 泣いたり。叩いたり、引っかいたり。自分の気持ちを表現している。いろんな感情を体感していると思う。

その感情のやり取りを大人がプツンと切ってしまったら? 持ってたものを相手に渡されたら? どうぞーは!と促されたら? その子の気持ちはどこに行くのだろう。どう消化出来るのだろう。 手に返ってきた子どもたちは、次は「取られたー」と言いに来るようになるかもしれない。自分で言わなくても済んじゃうからね。

 

大人の思う解決にならなくてもいいと思う。 子ども同士のやり取りに任せることで互いの感情が出せたり、えっ!?と思う瞬間に、また一緒に遊びだしたりする。 なんだかんだやり取りするうちに、笑い合ったりしている。 その場で、その日に、解決しなくたっていい。悔しい気持ちは長く続くかもしれないから。

相手の気持ちを思いやるのって、まだまだ先だと思う。それに、自分と同じような気持ちを相手も持っているのかもと体感してからだと思う。それも、それまでにいろんな気持ちを体感したからこそ得られるのではないかなと思う。

 

取ってばかり…取られてばかり… どちらの母ちゃんもモヤモヤ。悩んだり、じれったかったり。 それにケンカしてもいいじゃん!と言われたって、母ちゃんたちもその気持ちを我慢してるの しんどいもんね。 一緒に考えていけたら、いきたいと思ってる😊 こぼせたらいいなと思う。誰かに(と)だったり、みんなとだったり。 プレーパークはいつでもOKよん😊 話そうー♡ さよ

母ちゃん同士がどちらの気持ちも知れたら、わが子や相手への見方も想像も広がるかも、そして少し楽になるかもしれない😊😊

 

今日は、鶏たんごスープ!トッピング付き〜 おいしかったあー😋 

 

午後からも風が強く、それでも水を撒いている💦💦笑

火を焚きたい小学生。「さよー マッチ貸して〜!」ん!?火種残ってなかったー?「えぇっ!?」と言って(一緒に見てよという感じで)連れてかれる。入れた紙が燃えたのか、煙が細く上がったのを見て「あっ!もういいわっ!!」と追い返される 笑笑

べっこう飴をしたい子たちがおたまを持って、火の加減を見ながらくべている。 出来上がると棒を取りに行って、一つのおたまに5〜6人頭を寄せてなめてる子たちも😋

「ちょうだいよー」と言ってる母ちゃんと妹を背に黙々となめてる男の子。だって自分で作ったんだもんなー☆

 

消化はみんなで、スコップで水を掛けたり水鉄砲で消してた。様子を見て、火ばさみを握る一歳の男の子。よく見てる😄

閉園後、遊びに来た高校生、社会人になった青年と暗い中 おしゃべり。久しぶりーうれしいなあ😊

明日は『木で あそんじゃえ』です! ぜひ☆