今日は寒かった〜! 気温も低くて風もある。

朝の準備に来てくれた、森のひろばのスタッフKちゃんと小屋の中でおしゃべり。これからのプレーパークとか色々、甘えてたくさん話も聞いてもらった☆ これからも一緒に遊んで楽しみながら、話して考えていきたい。うれしい、頼もしい😊

こんなに寒いと誰も来ないかもね〜と話していると、外から声が聞こえる! 「今日どうする?」と家で子どもに聞いたら「バズ!(今、バズーの乗り物があるよ)」「公園!」と答えたって二人の女の子。元気だ!

バズーに乗って坂道を上ってく😄 ドングリ拾って風を顔に受けながら笑ってる😄

 

小屋の中でお昼を食べて絵本を読んで、また外へ。 葉っぱで料理、お椀に入れている。「あっ!こぼれた!」後ろの葉っぱは、こぼれたお味噌汁だそう 笑

 

虫捕り網でショベルカーの様に葉っぱを集める。踏んで跳んで、ワシャワシャ触ってニンマリ😁 カゴに入れてミニ落ち葉プール。いい顔してる。

出会って一年以上経つ。大きくなっていく様子を一緒に感じさせてもらってる。身体の動きが大きくなって体力もついて、言葉も増え、友だちとのやりとりを楽しんでる。すごいなあー。 母ちゃんとも久しぶりにのんびりおしゃべり出来てうれしかった😊 そして母ちゃんの「帰ろうよー」もしっかり!?聞かぬフリしてる 笑笑

 

先日、綿菓子用のザラメを頂きました。べっこう飴に使えるかな〜と思っていたんだけれど、その場にいた男の子が「綿菓子機を作ればいいじゃん!」と言っていた。

今日園帰りに遊びに来た彼は「考えてきた!」と!!イメージしていることを楽しそうに話し始めた。

「段ボールを箱にしてさー、四角の中に入れるの。段ボールに穴をいっぱい開けてー、それからー」

「風を入れるんだよ」

うんうん どうする〜?作ってみる?

「うん!」

何が要る?

「えっとー 段ボールでしょ、ガムテープ、穴を開けるやつ、綿菓子の砂糖とー、砂糖を入れるスプーン」

 

段ボールだと、どうやって砂糖を温める?

「??」

(あっしまったぁー…)温めるわけではないのか

「うん、風を送るの」

うんうん

「乗り物につけて、ザーと行けば風が入る。穴があるからね」ニヤニヤしている 笑

うんうん、やってみる〜?

ポールを輪切りにしたのを(火曜日誰かが切ってたやつ 笑)何個も手に持ち、これも使うと。 段ボールを探し、カッターで穴を開けていく。固くて苦戦!ハサミも使う。穴にポールをねじ込む。ポールと穴のすき間をガムテープを貼って埋めていく。 余ったガムテープを横に貼ってく。飾りだって😄

このポール(段ボールの中と繋がっている)にザラメを入れるって。スプーンでね。

 

小学生が来てべっこう飴をしたいと一緒に準備。 三輪車のカゴにガムテープを貼って引っ張る男の子。 遊びはそれぞれでも、なぜか盛り上がる時が同じ!笑える。

小学生と火を焚いていると、下の通路から、ガラガラガラ〜「あぁーっ」という音と声。 綿菓子機作りの彼が段ボール箱を乗り物のバイクにガムテープで取り付けて坂を下らせようとしている!

見に行くと、バイクが上手く坂を下って行かないのと、スピードがないと。箱を外して何かしようとしている。母ちゃんが私に「自分で持って走るそうです」と。おおおーっ!なるほどっ!なんて思いつき!!

両手で箱を抱えて坂を走り出す!速いっ!カーブを曲がっていく💨 母ちゃんと二人で見送ってると「大真面目なんですけど…」と母ちゃん。 うんうん、もちろん。自分で考えて、やってみたい。大人が先回りして何か言ったり教えたりせずにね。自分の中で上手くいってもいかなくても、次にあーしたいこーしたいが浮かんで試していくと思うよ。おもろいなー😊 いつも静かに穏やかに見守ってる母ちゃん。ステキだ☆

段ボールの中をのぞいてる。どう思ったかなあ?😊 中の砂糖を舐めてみてる。私も頂く。 どーお? 「うーん、出来てない。」

続きはまた今度。綿菓子機を小屋の中に入れてった。

おもろかったー!!

 

べっこう飴作りの小学生。友だちと「マッチ擦れんのぉー?」「オレが作ってやろーかー?」「これ食べていい?あっでも作ってくれてる、それは食べないでよー」と楽しげ😄

今日は閉園時間でもう暗くなり、びっくり。飴の色もわからない😅

明日は天白児童館の移動児童館がプレーパークでありますよ!ぜひ😊 暖かくして来ると、身体も縮こまらず動かしやすいよー☆