1/18(土)は、てんカツです。“てんカツのお知らせ”をご覧下さい。 翌日の19日(日)に『みんなのまち』を開催します!

『みんなのまち』は、名古屋市社会福祉協議会の“地域の子ども応援事業”の助成金を活用し、実施しています。

日時:1月19日(日)

場所取り:10時45分 (場所取りの仕方は、これまではヨーイドン!で店を出したい場所へ走りました。)

開店:13時〜

※『まち』の参加費は、大人も子どもも、100円です。 まちの通貨、200らくをお渡しします。

※大人の出店もぜひ!

※費用の援助…一店舗に対して 500円までの補助をします。受付へレシートを持って来て下さい。

(子どもたちが決めたこととして、援助は材料費に対してです。  例えば…おもちゃや、お菓子を買ってきて、そのまま売るのではなく、 売り方を工夫する、材料を買って何かを作る・作って売る、ゲーム・出しものの景品としてなどが対象です。)

※お昼ごはんをプレーパークで食べられる方は各自持参して下さい。

「てんカツ(18日・土)の午後、みんなのまちの準備しよ〜!」と声が上がっています。「準備というか、前夜祭ねっ!」とも 笑

 

5月と8月のてんカツ・日曜開園日に『みんなのまち』を開催しています。様子をお知りになりたい方は、ブログをご覧下さい☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これまで子どもたちと会議をしたり、母ちゃんたちと座談会をして話してきました。 ぜひ、ご一読下さい☆

 

 

 

 

 

 

 

 

・『みんなのまち』は「こどものまち」から展開した形です。大人も店を出すことが出来ます。

・費用の援助…一店舗に対して 500円までの補助をします。受付へレシートを持って来て下さい。

(子どもたちが決めたこととして、援助は材料費に対してです。  例えば…おもちゃや、お菓子を買ってきて、そのまま売るのではなく、 売り方を工夫する、材料を買って何かを作る・作って売る、ゲーム・出しものの景品としてなどが対象です。

 

※ポスターの下の方に書かれている「おねがいごと」について。 このメッセージは『まち』を通して、いろんなキモチを経験した母ちゃんたちからです😊 ぜひ読んでください☆ ↓↓↓

 

「おねがいごと」

一人で大丈夫かしら、もっとこうした方がと気になると思いますが、手伝いたい、アドバイスしたい気持ちをグッとこらえて見守ってみて下さい。

大人が考えるお店の形、子どもがやりたいこと、たのしいと思うことが同じではないかもしれません。

子どもに まるっと任せると意外な面や面白い発想がみられるかもしれませんョ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

プレーパークは、子どもたちの「やりたい」に口出し・手出しせずに見守ろう ということを大事にしています。 こどものまち、みんなのまち もそうです。

7月初めに「でも ついつい言っちゃうー」と言う母ちゃんたちと座談会をしました。大人もモヤモヤを出さないとね〜😄

「どうしても気になって言っちゃうー 心配だもん。」「ちゃんと!って思ってしまう」「お客さんを待たせたら…とか思う」「○○してみたら?とかね〜」と、出るでる。 それを経て来た母ちゃんたちも、あった あったと笑ってうなずく。

何回か『まち』を見ていく中で 任せていいんだ、大丈夫だ、おもしろいっ と思うようになってきたという母ちゃんたちも。

 

母ちゃんたちの言う、心配と不安は 子どもたちのではなく、母ちゃんたち自身のもの 。

子どもたち、自分で考えるよ。やり方も自分で見つけていくよ。それに、子どもたちの発想にゃ、かなわんで〜😁

そして、みんなで考えたのが上記のメッセージです。

子どもたちの「やりたい 」見守ってみて下さい😊

 

今回も楽しみです☆