てんぱくプレーパークとは?

プレーパークってどんなところ?

プレーパークでの遊び

プレーパークでは、自由に木に登れます。火をおこして料理をしたり、びしょぬれや泥だらけもしょちゅう。 地面に穴を掘ったり、のこぎりやかなづちを使って好きなものを作れます。
プレーパークでの過ごし方は子どもの思いに任せているので、よほどのことがない限り、大人は見守り、指示や制限はしません。 子どもたちの自由な遊びを守るために「プレーリーダー」という大人が常駐します。
そして、この「禁止事項のない遊び場」が成り立つために、プレーパークは住民が中心となり、行政と話合いながら運営しています。
プレーパークは全国に270箇所以上ありますが、常設のプレーパークは、まだまだ少なく、ここ、てんぱくプレーパークはその常設型の一つです。

 ※プレーパークについてもっと知りたい方はこちらもご覧ください。
  リンク:プレーパークについてもっと知りたい!


てんぱくプレーパークでの四季の遊び

草花遊び、桑の実採り、ひなたぼっこ…
プール、池・水遊び、虫採り…
栗・ぎんなん拾い、どんぐり集め…
落ち葉のプール、べっこうあめづくり…

四季を通して、こままわしや、ベーゴマ、のこぎりやトンカチを使った木工、秘密基地づくり、
森のさんぽ、おままごとなども人気です。
子どもたちがつくりだす、名前のない遊びがあふれています。
失敗も中途半端も大丈夫。何にもしなくて、ぼーっとするのだっていい。
「やりたいこと」をやってみよう!


来場者の声 「てんぱくプレーパークのここが好き」

なんでもできること (小1女子)

多種多様な人がいるところ (高2男子)

子ども同士で遊ぶ空気があって、親ものんびりできる (3歳児親)

忘れかけていた季節の移り変わりを感じられる (5歳児親)

不必要な小言を言わなくていい雰囲気に、親がほっとできた (1歳児親)

森があるとこ (4歳男子)

ブーブ(車)! (3歳男子)


てんぱくプレーパーク 「遊びいっぱい写真館」

てんぱくプレーパークで、毎日繰り広げられるたくさんの遊び。
定番の遊びも、子どもたちが作り出す名前もない遊びも、子どもたちは「やりたい」遊びを思う存分楽しみます。

ベーゴマ" べっこうあめ" こま
子どもにも大人にも大人気のベーゴマ。みんな真剣! 寒い時期の定番、べっこう飴づくり。砂糖が一日に何袋もなくなるほどの人気。 缶ゴマで遊ぶ幼児と高校生。いろんな年齢の子どもたちが一緒に遊ぶ姿があります。
高校生も乗り物遊び プール 小屋の上
坂道での乗り物遊びはいくつになっても楽しいよね!? 暑い季節には手づくりのスライダーつきプールが登場! 屋根から落ち葉のプールへジャンプ。何日も悩んで飛ぶ子もいます。
読書 ペットボトルボート 穴掘り
外でのんびりするのもいいよね。 ペットボトルで一生懸命つくったボート。ちゃんと浮いたよ! 穴掘り!プレーパークにも森の中にも穴がいっぱい。