プレーワーカーとは?

この遊び場を支える上で欠かせないのが、プレーワーカーの存在です。
プレーワーカーは職業の名前の1つで、「てんぱくプレーパークの会」が雇用しています。
(プレーワーカーの賃金は、会員の皆さんから頂く年会費を中心に賄われています。)

以前は「プレーリーダー」という呼び名でよんでいましたが、遊びの指導者ではないという思いから、てんぱくプレーパークではプレーワーカーと呼ぶことにしました。

プレーワーカーには、下記をはじめ、様々な役割があります。

  • 遊びを見守り、子どもがけがをしたり困ったりしたときに、対応する人
  • 子どもの目線に立ち、子どもたちと対等にぶつかり合う大人
  • 子どもの言葉にならない思いを周りの大人に伝える“代弁者”

 

てんぱくプレーパーク開園時には、プレーワーカーがいます。

てんぱくプレーパークのプレーワーカーはさよちゃんです。

よろしくお願いします!